希望を持てる気功

多くの苦しみと闘う難病生活

身体的・肉体的にもつらい難病生活

難病を抱えた人でなければ、難病生活の本当のつらさというのは分かりません。本人しか分からない肉体的なつらさ、精神的なつらさがあります。難病を抱えた人は、その家族、友人、医師たちが、しっかりとサポートしていかなければいけません。

 

現在、日本でも、約20万人の難病を抱える子供達がいると言われています。難病を抱えた子供達は、学校へも行けず、長期療養を強いられており、難病と日々戦っています。幼稚園や保育園、あるいは小学校に通いたくても通えない、友達と遊びたくても、身体が動かせずに遊べない、普通の子供の生活を送りたくても送れないのです。

 

長期に渡る療養生活の他、痛みを伴う手術や治療、それらは小さなお子様達にとって、ストレスとなってしまいます。本人だけではなく、そのご家族たちもとても苦しい日々を体験します。難病と闘っているのは、子供達だけではなく、そのご家族もまた同じです。

 

難病生活にも楽しみを

難病生活を強いられている子供達、あるいは成人した大人の方にも、もっと癒しの場、楽しいと感じてもらえるような機会を作るために、色々な企画がなされています。

 

募金活動は勿論の事、普段、難病生活ばかりしている患者さんが、ご家族と一緒に、ご旅行に行けるようなチャンスを作り、サポートしていったり、あるいは、闘病生活にも負けず、前向きに頑張っている姿をブログで紹介したり、ドキュメンタリーで紹介したりと、色々な企画がなされています。

 

難病を患っていない方には、なかなか分からない難病生活の実際のところ、そして、難病生活と闘うというのは、どういう事なのかというのを、一緒に考えていく事は、とても大切な事です。