希望を持てる気功

指定難病医療費助成制度とは?

指定難病医療費助成制度について

指定難病医療費助成制度とは何かご存知でしょうか?こちらは、平成27年1月から、新たな難病医療費助成制度において、指定医療機関制度が実施されました。

 

この制度について、よく知らない人も多いでしょう。こちらは、知事が指定した医療機関などが行う医療に限定して、難波陽患者の方が助成を受ける事ができる制度です。

 

指定医療機関の指定を受けている事が条件になりますが、指定を受けるためには、一定の基準に基づき、申請手続きをする必要があります。

 

医療機関の要件

指定を受けるために、備えていなければならない要件があります。全部で5つあり、保険医療機関、保険薬局、指定訪問看護事業者、介護保険法に関する指定介護予防サービス事業者などがあります。

 

また、難病患者に対する医療費に関する法律第14条で定めている欠格事由にあてはまっていない事も条件の一つです。

 

難病対策のため

こちらの指定難病医療費助成制度というのは、難病対策のために設定された制度です。難病の定義とは、治療方法が確立しておらず、まれな病気であり長期に渡り療養生活を強いられる病気の事です。

 

難病を患う患者さんに対する対応策として、必要な事項を決める事により、難病患者の方への対策を密にしていく事を目的としています。適切な医療や療養生活の質向上などのために、指定難病医療費助成制度が設けられています。

 

特定医療費の支給について

難病と指定され患者さんは、指定認定された有効期間内の特定医療のうち、指定医療機関から、指定難病の医療を受けた時は、厚生労働省令で定められている通り、認定を受けた指定難病の患者さん、またはその保護者の方に対して、指定特定医療に要した費用につき、特定医療費を支給する事になっているのです。